Re:ゼロから始める新婚生活

某北欧企業のSWディベロッパーが日々の思ったこと、失敗、経験をまとめたオピニオンブログ

「クロネコを救え」夜のクロネコチップ

f:id:i-takakiX:20170320123825j:plain

仕事帰りに、スーパーから米や大量の水を買って帰るのはとてもパワフルなことだ。

帰る途中のバスで窮屈な思いをしたり、自転車カゴが言うこと聞かなかったり、なかなかのパワーを使う。

だから、まさかそんなパワフルなことから解放される日が来るなんて夢にも思わなかった。

Amazonがそんな解放を実現したんだ。

それは本当に素晴らしいソリューションだった、少なくとも自分の見えてる世界では…



でも、そのソリューションには欠点があった。

それはクロネコヤマトという宅配インフラに、負荷を集中させてしまうことだ。

しかもその負荷に対して、正当な対価の入る仕組みがなかったもんだから、タダでパワフルを肩代わりしてもらうことになってしまった。

つまり異常事態だ。

もちろん、Amazon否定するわけではない。

彼らのソリューションは素晴らしいしものだし、これからも応援したいと思う。

ただ、彼らは米や大量の水を軽くしたわけではない。

解決しなきゃいけない欠点がある、という事実は変わらないんだ。



異常事態の正体は、不健全なGive&Takeの関係だ。(詳しくは下の記事を見て欲しい) i-takakix.hatenablog.com

健全なGive&Takeの関係では、お互いがTakeする側であると同時にGiveする側でもある、双方向な関係なんだ。

逆に不健全なGive&Takeの関係では、どちらかがTakeする側で、どちらかがGiveする側とはっきり区別されていて、一方向な関係になるんだ。

今回のケースでは、ヤマトがGive側、僕たちがTake側だ。

不健全なGive&Takeが良くない理由は、そのような関係にあるビジネスでは、Give側が無限の自己犠牲を強いられてしまうことにある。

ビジネスを続けるために、Give側の会社が給与を上げたり、Give側のドライバーの宅配指定時間を減らして負担を軽くしたりといった具合に、無限に自己犠牲を続けなくちゃいけなくなるんだ。

しかも不健全な関係におけるエンディングは、Give側が疲れ切って倒れてしまうというバットエンドでしかない。

だから、このソリューションを続けるためには、健全にしてあげなければならない。



方法はシンプルだ。

それはTake側が歩み寄ることだ。

Take側も、何かしらのGiveをすれば良いんだ。

そこで僕は、夜間のヤマトドライバーにチップを渡すことを始めてみた。

僕なりに考えて、これが1番喜んでもらえると思っている。

もちろん、チップの中身は何でも良いと思う。

菓子パンでも、栄養ドリンクでも、お茶でも。

大事なのは、僕たちTake側が歩み寄ることだ。

もしかしたらそれが、「米や大量の水を軽くする」というマジックを実現するかもしれない。

ヤマトの不健全なGive&Takeを、少しでも健全にするために、僕はこれからも、この小さな一石を投げ続けようと思う。



サムネイル画像引用元:http://www.37sha.com/shop/1170.html