Re:ゼロから始める新婚生活

某北欧企業のSWディベロッパーが日々の思ったこと、失敗、経験をまとめたオピニオンブログ

「何かに追われるような日々」から自分を解放するために効果的だった5つのこと

f:id:i-takakiX:20170309121837p:plain

それは「頼まれたことを覚えない」「人前で急がない」「スローテンポ」「不可避で不可逆なことを気にしない」「ベストプラクティスを求めない」の5つだ。



何かに追われるような日々を過ごしている人は、かなり多い。

とりわけ、質は高いけど、自己犠牲がたくさん必要なヒューマンサービスでは「どうしてそんなに急いでるの?何かに追われてるの?」と思う光景をよく見かける。

僕自身も、同じようなことを経験してるから分かるんだけど。

ハッキリ言って「何かに追われるような日々」では、良いことなんて1つもない。

むしろ悪いことばかりだ。

相手の失敗にばかり目がいったり」 「結論を急いだり」 「1つのタスクに集中できなかったり」 「自分のペースを乱されることに神経質になったり」 「嫁さんの脈絡のない話にイライラしたり」 「メールやツイートチェックばかりしてたり」、最低なことばかりだ。

さらに悪いのは、そんな状態が長引くと、その「何か」がますます大きくなったように錯覚してしまうことだ。

だからあの時は、本当に色々なライフハックを試した。

解放されたくて、様々な試行錯誤を繰り返していた。

このエントリーでは、そんな当時の経験をもとに「何かに追われるような日々」から、自分を解放するために特に効果的だった5つのことについて紹介したい。

もし同じように悩んでいたら、ぜひ明日からでも取り入れてみてほしい。

何かの足しにしてもらえたら、それ以上の喜びはない。



頼まれたことを覚えない

頼まれたことは覚えず、Google Sheetsなどを使って、いつでもどこからでも「メモれる/見れる」ようにしておこう。

頭の中というのは、覚えては忘れる場所だ。

大事な頼まれ事を、そんな危険地帯に置いておいては気が散って仕方がない。

そしてそれが「何か」の格好の餌になるんだ。

「データが消えたらお終いじゃないか」という意見もあるだろうが、それは覚えていても同じことだ。

記憶ほど、消えやすいものはない。



人前で急がない

人は、人前に居る時ほど急ぐ生き物だ。

だから人前に居ない時に比べて、余計に急いでしまう、これも「何か」の格好の餌だ。

もしあなたが、毎朝の通勤で家から駅を疾走しているのなら、10分早く起きる方が良い。

急ぐなら、人前に居ない時に急ごう。



スローテンポ

歩幅を大きくとってゆっくり歩いたり、メシを味わってゆっくり食べたり、ゆっくりメールをタイプしたりゆっくり喋ってみたり

あらゆる動作を、氷山のようにスローテンポにしてみよう。

忙しない日常生活は「何か」の格好の餌だ。



不可避で不可逆なことを気にしない

例えば、通勤時の人身事故だ。

気にしたところでダイヤルは回復しないし、どうにもできない。

あるいは、相手の失敗だ。

人は失敗する生き物だ、遺伝子に失敗せよと書いてあるんだ。

なぜならそれが進化の原動力だからだ。

どうせ気にするなら、それが「何か」の餌になっているということを気にしよう。



ベストプラクティスを求めない

「もっと良いやり方があるんじゃないか」「もっと良い言い方があるんじゃないか」「もっと良いフォーマットがあるんじゃないか」と、ベストプラクティスを求めてはいけない。

ベストプラクティスを求める行為は、時に膨大なコストになることを知っておこう。

ベターなやり方こそ、時に本当のベストプラクティスであることを知っておこう。



以上が、僕が最低だった時に試して、特に効果的だった5つだ。

それぞれのライフスタイルによって、向き不向きはあるだろう。

ここで紹介できなかったメソッドは、ほかにも山ほどあるので、次の機会にまた紹介させて頂こうと思う。

あなたが1日でも早く解放されることを、陰ながら祈っている。



サムネイル画像引用元:http://b.hatena.ne.jp/entry/www.anige-sokuhouvip.com/blog-entry-11969.html