読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Re:ゼロから始める新婚生活

某北欧企業のSWディベロッパーが日々の思ったこと、失敗、経験をまとめたオピニオンブログ

リスクは「若いうちに」取った方が良い、とは思えない話し

f:id:i-takakiX:20170307221048p:plain

多くのクソジジイと大人は、リスクは「若いうち」に取ったほうが良いと言う。

まるで常識とでも言うようように、でも、それは矛盾している。

常識とは、最も多くの共感を得られた多数派の意見だ。

一方、若いうちのリスクテイクで成功した人は、ほんの一握りなのだから、若いうちのリスクテイクが良いことだ、というのは少数派の意見はずだ。

なぜ少数派の意見が、常識のように扱われているのか。

それは「リスクテイクに失敗した人」「リスクテイクに憧れている人」が、少数派の意見に便乗しているからだ。



だから「若いうちに…」という常識ほど、胡散臭いものはない。

なぜなら、その常識を語る人はかなりの確率で便乗者であるからだ。

彼らの経験値に、「若いうちに…」を裏付けるものは無いし。

具体的にどんなリターンがあるのか、証明してくれることもないだろう。

さらに言えば、便乗者が「若いうちに…」と言っている本当の理由は、自分を守るためだ。

「失敗したけど、リスクテイクした自分を賞賛したい」「歳を理由に、リスクテイクしなかった自分を正当化したい」といったように、上手くいかなかった自分を守りたいだけなんだ。



若いうちのリスクテイクが、本当に価値があるのかどうかは分からない。

リスクテイクの聖地である、シリコンバレーの起業家の平均年齢が45歳であるという事実から考えると、むしろ逆かもしれない。

若いうちが良いのか、悪いのかを判断することは難しいけど。

少なくとも、リスクは「取れるうちに」取ったほうが良いと、僕は思う。



サムネイル画像引用元:https://2ndskiesforex.com/trading-strategies/the-30-day-mindset-challenge-will-you-succeed/