Re:ゼロから始める新婚生活

某北欧企業のSWディベロッパーが日々の思ったこと、失敗、経験をまとめたオピニオンブログ

巨人が教えてくれた、生き方を変える「13の美徳」

f:id:i-takakiX:20170303172030p:plain

偉人でも、クソじじいでも、先人の教えはとても貴重なものだ。

アイザック・ニュートンは、ライバルのロバート・フックに送った手紙で「我々は、巨人の肩に乗る小人のようなものだ」と言った。

ニュートンは、チャラくて自意識過剰な人物であったが。

そんな彼ですら、謙遜してしまうほど巨人の存在は偉大だったんだ。

そして巨人という先人たちが残した膨大な叡智の上に、僕らも立っている。

おかげで僕らは、何の苦もなく新しい景色を見ることができる。



時に巨人は、生き方も教えてくれる。

ベンジャミン・フランクリンは、僕にとっての巨人の1人だ。

巨人化してもらってからの3年間で、色々な生き方を教えてくれた。

とくに気に入っているのが「13の美徳」だ。

例えば、「規律:物はすべて所を定めて置くべし。仕事はすべて時を定めてなすべし。」

物は場所、仕事は時間を定めろという美徳だ。

未だに僕は、右前ポケットにはいつでも捨てていいもの、左前ポケットには小銭、右後ろポケットには携帯、左後ろポケットには財布と定めている。

仕事や家庭といった様々なシーンでも定めているが、ここ3年間、悪い結果になったことはない。

他にも、「勤勉:時間を空費するなかれ。つねに何か益あることに従うべし。無用の行いはすべて断つべし。」

暇という時間は存在しないということだ。

自分と相手にとって有益なことだけに、時間は投資するべきだ。

あとは、「平静:小事、日常茶飯事、または避けがたき出来事に、平静を失うなかれ。」

どうにもならないことは、気にする価値も意味も無いということだ。

身近な例で言えば、仕事におけるパートナーの失敗だ。

どんなに責めても気にしても、結果は変わらないのだから、むしろ自分を平静に保つことに気を使うべきだろう。



記事の最後に、残りの美徳も載せているので、ぜひ一度読んで欲しい。

あえて「全てを実践する必要がある」、と言っておこう。

必ず何かが変わるはずだから。

偉人でも、クソじじいでも、先人の教えは本当に貴重なものなんだ。



ベンジャミン・フランクリンの13の美徳

  • 節制:飽くほど食うなかれ。酔うまで飲むなかれ。

  • 沈黙:自他に益なきことを語るなかれ。駄弁を弄するなかれ。

  • 規律:物はすべて所を定めて置くべし。仕事はすべて時を定めてなすべし。

  • 決断:なすべきをなさんと決心すべし。決心したることは必ず実行すべし。

  • 節約:自他に益なきことに金銭を費やすなかれ。すなわち、浪費するなかれ。

  • 勤勉: 時間を空費するなかれ。つねに何か益あることに従うべし。無用の行いはすべて断つべし。

  • 誠実:詐りを用いて人を害するなかれ。心事は無邪気に公正に保つべし。口に出ですこともまた然るべし。

  • 正義:他人の利益を傷つけ、あるいは与うべきを与えずして人に損害を及ぼすべからず。

  • 中庸:極端を避くべし。たとえ不法を受け、憤りに値すと思うとも、激怒を慎むべし。

  • 清潔:身体、衣服、住居に不潔を黙認すべからず。

  • 平静:小事、日常茶飯事、または避けがたき出来事に、平静を失うなかれ。

  • 純潔:性交はもっぱら健康ないし子孫のためにのみ行い、これにふけりて頭脳を鈍らせ、身体を弱め、または自他の平安ないし、信用を傷つけるがごときこと、あるべからず。

  • 謙譲:イエスおよびソクラテスに見習うべし。



    サムネイル画像引用元:https://matome.naver.jp/odai/2142088461693647601