読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Re:ゼロから始める新婚生活

某北欧企業のSWディベロッパーが日々の思ったこと、失敗、経験をまとめたオピニオンブログ

「最高」で生きるためにすべき1つのこと

f:id:i-takakiX:20170301110022p:plain

それは、心の声に集中することだ。



「上流階級の暮らしがしたい」「著名人になりたい」「出世したい」「ヒーローになりたい」「有名企業に入りたい」「作ったプロダクトをたくさんの人に使ってもらいたい」と考えてはいけない。

なぜならそれは、クソだからだ。

人の中には、2種類の声がある。

「なりたい」という声と「ありたい」という声だ。

「なりたい」は頭の声で、「ありたい」は心の声だ。



頭の声は、聞く価値のないクソだ。

なぜなら、頭の声に集中してしまうと、毎日が、何かに押しつぶされそうな気持ちになるからだ。

頭の声は、自分以外の他人から生まれる。

他人の期待に応えよう、というのが頭の声の正体なんだ。

でも他人の期待は、自分にはコントロール不能なものだ。

応えようとすると、無理して、疲れてしまう。

だから、頭の声に集中してはいけない、本当に聴かなければならないのは心の声だ。

「楽しそうでありたい」「幸せそうでありたい」「面白そうでありたい」「元気そうでありたい」「人格者でありたい」、これらは心の声によくあるパターンだ。

つまり心の声の正体は、自分自身の期待なんだ。

自分自信の期待はコントロール可能だ。

だから、どんなに応えても疲れることはない。

前より気持ちがずっと軽くなる。

しかも、心の声は自分が何を最優先すべきなのかを知っている。

とても不可解なことだけど、それは真実なんだ。

だから、心の声に集中すれば、毎日押しつぶされそうになることはない。

将来失敗しても、後悔したり責めたりすることもない。

何かが足りない、と思うこともない。



心の声は、強力な味方であり、シャイだ。

クソの声が大きすぎて、聞き取りづらいこともあるだろう。

だから頭の声は無視して、心の声に集中しよう。

「なりたい」ではなく、「ありたい」と考えよう。

最高で生きるためにすべきことは、心の声に集中することだ。



サムネイル画像引用元:http://www.asahi.com/worldcup/gallery/2010070301/argger24.html