読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Re:ゼロから始める新婚生活

某北欧企業のSWディベロッパーが日々の思ったこと、失敗、経験をまとめたオピニオンブログ

最高の業務効率化は「仕組みにフォーカス」することだ

f:id:i-takakiX:20170217020053j:plain



組織の業務効率化は、とてもいいことだ。

原価削減以外にも、社員が生き生きと働けるようになり、さらに福を呼ぶ。

だから、確実に、最大の効果を得るような業務効率化を実行しなければならない。



「業務の見える化」「ツールの活用」「デュアルディスプレイ」といった業務効率化は、効果が薄い。

いずれも、個人にフォーカスした改善だからだ。

最大限に業務効率化をしたければ、仕組みにフォーカスすべきだ。



なぜ、個人にフォーカスしてしまうのか。

非効率的という意味で、複雑な仕組みは最悪だ。

それは仕組みの使う側、つまり社員までもダメにするからだ。

ダメになった社員は、複雑な仕組みに洗脳され、その複雑さを正確に理解してることをバリューと錯覚する。

これが終わりの始まりだ。

しばらくすると、洗脳された社員はそれなりのポジションに着く。

すると、洗脳された仲間を量産し始め、洗脳された組織を作り始める。

さらにしばらくすると、洗脳された組織は、複雑さを既得権益へと作り変える。

その結果、複雑な仕組みはより強固なものになり、複雑さの犠牲者達がさらに増えていく。

気づけば犠牲者は組織全体に及び、複雑さの発生源がわからなくなる。

こうなってしまっては組織に打つ手はない、個人の改善に託すほかなくなる。

個人にフォーカスするしかなくなるのだ。



では、どうすればいいだろうか。

方法は2つある。

1つは、発生源を突き止めることだ。

少しでも複雑さ感じた仕組みがあったら、注目してみよう。

そしてその複雑さは、誰にとって得なのか逆算するんだ。

息の長い戦いになるが、行き着く先に、複雑さの発生源があるはずだ。



もう1つは、ゼロから作り直すことだ。

発生源ごと、古い仕組みを焼き払ってしまう。

勇気が必要な戦いになるが、複雑さを根こそぎ絶やせる。



複雑な仕組みは、何のバリューも生み出さない。

むしろ、不幸の連鎖を生むだけだ。

しかし、組織には遅かれ早かれ発生するものだ。

だから、それが既得権益化する前に、吊るし上げよう。

忘れてはいけない、その複雑さは、必ず誰かの既得権益になっている。



サムネイル画像引用元:http://libertynews.com/2012/12/cartoon-the-root-of-evil/