読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Re:ゼロから始める新婚生活

某北欧企業のSWディベロッパーが日々の思ったこと、失敗、経験をまとめたオピニオンブログ

「頑張ってるけど家庭がうまくいかない」と思ってる旦那さんに伝えたいこと

f:id:i-takakiX:20170217102939p:plain



それは家族を大事に思う気持ちと、自分を思う気持ちは、7:3くらいが丁度いいということだ。



家族、家庭は何より大事だ。

嫁さんも、子供も、世界で1番幸せにしてあげたい人達だ。

そして、出来る限り、豊かな思いをさせたい。

悲しませたくない。

我慢させたくない。

普通の優しい旦那さんは、こう考える。

でも、その「人達」に、自分が入っていないなら、考え直すべきだ。

それは行き過ぎた優しさであり、破滅を招く可能性がある。



なぜ破滅を招くのか。

家計の苦しい時を想像してみよう。

「今月は節約しないといけないから、自分の昼飯を抑えよう」「欲しいものがあるけど、我慢しよう」と考えるだろう。

これが良くない。

なぜなら家族、家庭には、その気持ちが伝わっていないからだ。

「自分、頑張ってます」なんて恥ずかしくて、伝えられないからだ。

これが💣となる。

そして、嫁さんの「もっと稼いできなさいよ」の一言がトリガーとなって、旦那さんの怒りは爆発する。

旦那さんは、やり場のない怒りで壊れてしまうだろう。

家族、家庭は、豹変した旦那さんに驚くだろう。

これが破滅の始まりだ。

でも、これは当然のことだ、伝えてないし、伝わっていなかったからだ。



解決策はシンプルだ。

それは、たとえ家計が健全じゃなかったとしても、「今日は贅沢しよう」「欲しい物を嫁さんに相談してみよう」と考えることだ。

自分を追い込み過ぎずることもなく。

結果は変わらないとしても、家族、家庭に頑張ってる感を自然と伝えることができるだろう。



自分を追い込みすぎる優しさは、本当にダメだ。

なぜなら家族、家庭にとってなにより不幸なことは、大黒柱が傾くことなのだから。

ちょっと自分を甘やかそう。

ちょっとワガママを言ってみよう。



サムネイル画像引用元:https://www.immigrationgurus.com.au/definition-change-member-family-unit/