読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Re:ゼロから始める新婚生活

某北欧企業のSWディベロッパーが日々の思ったこと、失敗、経験をまとめたオピニオンブログ

周りを気にするな→周り「が」気にするな

f:id:i-takakiX:20170213150813j:plain


周りを気にせず生きることは、素晴らしいことだ。

周りを気にしない=自分に正直だからだ。

自分に正直=自由だからだ。


でも、現実には周りを気にする人が多い。

自分に正直な人に、憧れる人が多い。

それは周りの人が、自分に正直な人を気にし過ぎるからだ。

周りの人も、本当は正直になりたい。

でも一度、正直な人に「KY」「自己中」「クレイジー」というレッテルを貼ってしまうと、いつか自分も貼られるんじゃないかと錯覚し始める。

そして、どんどん自分に正直でなくなる。

そして、どんどん自分に正直な人にレッテルを貼る。

そして、どんどん怖がっていた周りの人側になっていく。


今の時代は、自分に正直でない人で溢れている。

だから、1人の力で正直になることは難しい。

そんな時代に「周りを気にするな」なんて言ってはいけない

「周り気にするな」と言うべきだ。

そして、潜在してる自分に正直になりたい人を救ってやるんだ。

変わるべきは、周りを気にしない人ではなく、周りの人そのものだ。


コンビニのレジ打ちがスマホをいじってようが気にするな。(正直とは少し違うかもしれないが)

なぜなら僕らが払っているのは、買ったものの原価に対してであってサービス料は含まれて居ない。

そこで良い接客サービスなんか期待してはだめだ。

ミーティングで、全く反対の意見を言っている人なんて気にするな。

少なくとも彼はミーティングを長引かせるために言っているわけじゃない。

もっと良い結論にしたいと思っているか、あるいは元々ミーティングには不要な人であるかのどちらかだ。

前者なら耳を傾けよう、後者なら参加人数を減らして参加者の質を考慮しよう。


自分に正直な人は、時々、クレイジーと言われる。

でもクレイジーな人は、クレイジーじゃない人の100倍すごいことをする。

クレイジーな人は、昨日より100倍楽しい明日を作る。

今時代はクレイジーを求めている。

そしてクレイジーな人を作るのは、クレイジーな人でなく、クレイジーの周りの人なんだと言うことを忘れないでほしい。


サムネイル画像引用元:https://www.google.co.jp/amp/www.boomsbeat.com/amp/articles/13/20131231/50-facts-that-you-didnt-know-about-steve-jobs.htm